ファンデーションの塗りすぎへの対処法!私の場合はこうだった

未分類

女の子にとって、朝は戦場のようなもの。服にメイクに…と時間の余裕がありませんよね。そんな時に急いでメイクをすると、ついファンデーションを塗りすぎてしまうことも・・・。

 

私自身、「ファンデーションだけではなくハイライトやチークまで塗りすぎた!」なんて苦い思い出があります^^;。

遅刻しそうだったので、メイクを落とし諦めてすっぴんで待ち合わせに行きました…。

私のようにせっかくメイクしたのに最終的にすっぴんで行くことになったり、クレンジングをしてメイクをし直すのも面倒で嫌ですよね。

できれば上手に誤魔化してしまいたいもの。

今回はそんな時にどうすればいいのか、対処方法と失敗しない為のポイントを経験からご紹介します。

スポンサーリンク

ファンデーションを塗りすぎてしまった時の対処方法とは?

ファンデーション

厚塗りをしてしまった場合、1番簡単な対処方法(ごまかし方)は「化粧水を使う」ことです。

まずは化粧水をミスト状に振りかけられるスプレーボトルに入れておきましょう。

オススメなのはエテュセ / ettusaisのぷるぷるジェリーミスト。下の画像のやつです(画像クリックで楽天のページに飛びます)。

もちろん普段みなさんが愛用されている化粧水があれば、それをミストのボトルに詰め替えていただいても構いません。

ですが、正直私はそれが面倒なのでこれを買っています(笑)。保湿力も高く、見た目もピンクで可愛らしいですよ。

ミストの化粧水はメイク直しだけではなく、メイク後の保湿にも使えるので便利ですよ!

 

そしてメイクをする時に使うスポンジ、あなたもいくつか持っていますよね。

特にスポンジでオススメなのは、ビューティブレンダー。しずく型のキュートなデザインで、メイクのノリが全く違いますよ。

スポンジは、ファンデーションの付いていない綺麗なものを用意してください。

そのスポンジに化粧水を染み込ませましょう。

これで準備は完了。手順は以下の通りです。

  • ファンデーションを塗りすぎた顔に、化粧水のミストを振りかける(メイクで乾燥してしまう肌への保湿効果もあります)
  • 化粧水がついたスポンジで、塗りすぎたファンデーションをぼかしていく
  • 仕上げに、何も付いていない大きめのブラシで馴染ませる

これで塗りすぎたファンデーションは、綺麗に直っているはずです!

鼻周りや眉、目などの細かいところはスポンジの代わりに綿棒を使うと簡単ですよ。

綿棒はアイシャドウやアイライナーが失敗した時のメイク直しにも使えるので、多めに持っておくことをオススメします。

塗りすぎても焦らず、冷静に対処することが大事ですよ。

 

ここまでファンデーションを塗りすぎた時の対処方法をお伝えしてきました。でもできれば、失敗はしたくないですよね。

では、ファンデーションを塗りすぎない為の方法をお話します。

 

スポンサーリンク

 

厚塗りにならないために!ファンデーションを塗りすぎない為の塗り方とは?

コスメブラシ

厚塗りにならない為には、「メイクブラシ」と「メイクスポンジ」を上手に活用していくことが重要です。

この2つのアイテムを味方につければ、失敗することもなくなりますよ!

 

まず大きめブラシに、ファンデーションを載せます。この時にどれぐらいの量を載せるのか覚えておくと楽です。

私はいつもファンデーションでブラシの上に、ニコちゃんマークを書いてます(笑)。子供っぽいですが、これをしておけば出す量を間違うことはないですよ。

ブラシにつけるので、手が汚れることもなく時間短縮にもなります。

ファンデーションが塗れていない場所には、スポンジで上手に伸ばしていきましょう。

隙間があるからといって、またファンデーションを新しく出してしまうと厚塗りの元になるので注意ですよ。

 

ファンデーションを塗りすぎないための塗り方はバッチリでしょうか? 後は、塗りすぎないためのポイントをいくつかお話しておきますね。

ファンデーションを塗りすぎない為のポイントとは?

連絡

先ほども申し上げた通り、いつもどれだけ塗るかを覚えておくのが1番大切。これに気を付けた上で、ファンデーション選びに気を配りたいところです。

ファンデーションの伸びが悪いと、ついつい塗りすぎてしまいますよね。結果的にどこの舞台の出演者だ!とツッコミたくなることも…。

伸びやすく、肌に合うファンデーションを見つけることが大事です。

個人的にはパウダー系のものは厚塗りになりやすいので、リキッド系のものをオススメします。

オススメのリキッド ファンデーションは、リンメルロンドン / RIMMEL LONDONの、ラスティングフィニッシュ リキッド。

赤いキャップが目印のファンデーションです。伸びがよく、乾燥しないので愛用してます。

ですが、人によって会う合わないがある物です。お店に行ったときに店員さんにアドバイスを貰うのがベストですよ^^。

 

また、ファンデーションだけで何もかも隠そうと思う必要はありません。クマやニキビなどができてしまった場合は、コンシーラーを使いましょう。

ファンデーションを足して隠そうとすると、厚塗りの元になりますので。

 

スポンサーリンク

 

 

さてさて、これであなたもファンデーションの厚塗りとおさらばできますね。では、最後に記事のおさらいをしておきましょう。

最後に

もしファンデーションを塗りすぎてしまったときには

  • ファンデーションを塗りすぎた顔に、化粧水のミストを振りかける
  • 化粧水がついたスポンジで、塗りすぎたファンデーションをぼかしていく
  • 仕上げに、何も付いていない大きめのブラシで馴染ませる

この対処法が有効でしたね。

 

急いでいるとどうしても、ファンデーションを塗りすぎてしまうものです。

ですが、ファンデーションは、これなしではメイクはできない!と言えるぐらいの基本のアイテムですよね。

時間がなくても、少しずつ塗っていくことをイメージしながら付けてみて下さい。

ファンデーションを味方につけて、忙しい朝でも完璧なメイクの人になりましょう!

スポンサーリンク

PAGE TOP