履歴書の字が汚い!不採用を回避する簡単な一つの方法

バイト

履歴書を書くときに緊張する人って多いと思います。特に自分で字が汚いと思っていると、それだけで不採用にならないかな? と、不安になることもあるのではないでしょうか?

僕も字が汚い部類に入るので、履歴書を書くときは

  • この字で読めるかな?
  • 字だけで不採用なんてならないよね・・・
  • 履歴書を読んでくれなかったらどうしよう

などなど、たくさんの不安を抱えていたものです^^;。

 

昔の僕の様に、不安があることで履歴書に自信が持てないあなたへ

  • 字が汚いだけで不採用になってしまうのかどうか
  • 僕が行った不安を消すための一つの方法

についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

履歴書の字が汚いだけで不採用になってしまうの?

考える

先に行っておくと、履歴書の字が汚いだけで不採用になることはありません

少しホッとして頂けましたか?(笑)。ですが、次にある事をお伝えしたら気分が180度変わるかもしれません・・・。それは、、、

履歴書の字が汚いと不利になる可能性がある

コレです。字が汚いだけで不採用になることはありませんが、不利になってしまい結果不採用になる可能性があるという事です。

実際に質問サイトで人事経験、履歴書審査経験のある方の話を見てみると

  • 字が汚いと履歴書を読む気になれない、または読まない
  • 同じレベルの人がいる時、字が綺麗な方を選んだ経験がある

このような体験が書かれてていました。

 

ですが、ガッカリしないでくださいね。なぜなら 字が汚い僕でも手書きの履歴書で不採用になったことはないからです。

どうしてかというと、字が汚いなりにあることを実践したからなんですよ! その方法をお伝えしますね。

履歴書の字が汚い人でも不採用にならないための一つの方法!実践して不安解消!

希望

さてさて、誰でも字が汚くなくなる方法・・・それが、字を丁寧に書くことなんです。

いまのあなたはおそらく「そんなの知ってるけど字が汚いままなんだよ・・・」というようなことを考えていませんか? 昔の僕も同じような事を思っていました。

なので、僕が字を丁寧に書けるようになったあるコツをお伝えします。これを実践すればあなたの「不採用になるかも・・・」という不安が消えますよ^^。

丁寧に字を書くために意識する事!

丁寧に書くために最初に意識すべきことは一つ、それがゆっくり書くことなんです。それだけ? って感じですよね(笑)。

なぜこれだけで良いかというと、 ゆっくり書くことで一つ一つの文字に集中するからなんです。この時、特に気を付けて欲しいのが

  • とめ・はね・はらいを丁寧に書く
  • 字の線が離れないようにする(隙間のないきれいな文字に見える)
  • 横線の傾きを揃える(バランスよく見える)

以上の3点です。そうすれば、丁寧でキレイな字へ近づけますよ。

 

では、ゆっくり書くためにあなたがどうすれば良いかというと、サッサッと字を書く流れ書きを辞めることです。

流れ書きをしてしまい自己流の字になってしまうことが、字が汚くなる原因なのです。なので、ゆっくり書いてクセが出ないようにすることが大切。

この時、自分が書道家になったつもりで書くとなお良しですね。丁寧に書く意識がより一層高まるからです。バカらしいと思うかもしれませんが、これはかなり重要なんですよ(笑)。

 

ちなみに、字がめちゃくちゃキレイな人は早く書いても字がキレイですよね。あれは、基礎ができているからなんですよ。

少しきついことをいいますが、字が汚いという事は基礎ができていない状態なわけです。小学生が足し算引き算を勉強せずに掛け算割り算を勉強するようなものです。

なので、ゆっくり丁寧に書くことで基礎を固めていってください^^。

 

字を丁寧に書くためのコツは理解していただけましたか? 僕は常日頃からこれを意識して、字を丁寧に書くようにしています。

では次に、なぜ僕がここまであなたに履歴書の字を丁寧に書いて欲しいと思っているのか、その理由をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

履歴書の字を丁寧に書いて欲しい理由

お願い

履歴書の字が汚くても不採用にはならないという事はすでにお伝えしました。ですが、不利になるという事でしたよね?

では、字を丁寧に書いたらどうでしょうか?

■履歴書の字を丁寧にかいたらどうなる?

まず、あなたの「履歴書の字が汚いだけで不採用になるかも」というよけいな不安がかなり薄まります。

また、しっかりと履歴書を読んでもらえる可能性が高くなります。

さらに、字を丁寧に書くという姿勢は企業に評価されやすいため、最終選考などで有利になることもあります。

就職した後も字を書く場面は多いので、丁寧に書く姿勢は周りの人からも好印象を与えるかもしれませんよ。

 

まさに良い事づくめですよね! では、履歴書を読みたくならないほど汚い字で書いてしまったらどうなりますか?

 

■履歴書の字が汚いままだったら・・・

人事担当の人が履歴書を読まずに、あなたの素敵なアピールポイントをスルーされてしまう可能性があります。

また、字が汚いというだけで他の人と同じ評価を受けられない可能性もでてきます。

 

やはりこのような状況になってしまうと悔しいですよね。あなたの中身がどれだけ素敵でも字だけで判断されるわけですから。正直ふざけるな!って感じですよね(笑)。

そうならないためにもぜひ、流し書きをやめてゆっくり文字を書く事を意識してくださいね。

ちなみに、どうしても字をきれいに書きたいという場合は様々なコツを学ぶ必要があります。興味があるのならこちらの本などはオススメですよ。

字がうまくなる書き込み練習帳 [ 山下静雨 ]

興味があったらぜひ見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

さて、字を丁寧に書くことの大切さを理解して頂けたと思います。

たくさんの内容をお伝えしてきたので忘れている部分があるかもしれませんね^^;。もう一度おさらいをしておきましょう!

最後に

履歴書の字が汚いと不採用にはならないが、採用状況によっては不利になるという事でした。この不利な状況を打開、または有利にするための方法が字を丁寧に書くことでしたね。

丁寧に書くとは、読めるような字を書くことでした。

 

今回お伝えした事を意識して字を書いてみてください。きっと「思ったよりも読める程度の字になるもんだな」と驚くと思いますよ(笑)。

まずはゆっくり書いた字と流れ書きした字を見比べてみることから始めてみましょう!

スポンサーリンク

PAGE TOP