親と絶縁するたった一つの方法!知識を得て最短ルートを進もう

人間関係

学生のころ、友達に受けた衝撃の相談がありました。それが

親と絶縁する方法ってなんか知ってる?

これです。僕は何と言って良いのかわからずに「ごめん、わかんないわ・・・」みたいな反応しかできませんでした。今思い出しても、あの時何といえば良かったのか気になってしまいます。

 

今回は昔の僕の疑問を解決するべく、また僕の友人と似たような悩みを持つあなたに、親と縁を切る方法について徹底的に調べてみました。僕の知識と僕の友達が疑問に思っていたことから

  • 親と絶縁する方法
  • 親と絶縁する場合、した場合に知っておきたい知識

この順番でお伝えしていきますね。ぜひ参考にしてください^^。

スポンサーリンク

親と絶縁する方法!法的に縁を切ることって可能なの?

はてな

まずあなたに知ってほしいことは、 法律的に親と絶縁する方法はないという事です。ならば一生今の親と生きなければだめなのかというと、そうではありません。

自立して親元から逃げること

これが親と絶縁する最短ルートになります。法的に絶縁することが不可能なため、物理的に離れることが結果的に絶縁することになるからです。

しかし、今は物理的に離れていても相手を見つけるのが難しくない時代ですよね。

実際に

  • 身の回りの人が良かれと思って親に住所や連絡先を教えた
  • 絶縁したはずの親が住所を探して追いかけてきた

などのような体験をされた方もいます。「親にみつからないか、粘着されないか」などと考えていると、あなたが落ち着くことができません。

そこで、親に見つからないために必ずしておくべき・知っておくべき情報をお伝えしておきますね。キーワードは、個人情報を親に漏らさないことですよ^^。

親と絶縁した後に、何がなんでも見つからないためにしておきたい事

びっくり

携帯電話をどうするか考える

絶縁した後には、今の携帯電話を解約して新しく契約することをオススメします。これは番号を変えること、親の名義で契約している場合はあなたの名義に変えるためですね。

特に未成年の場合は、電話番号を変えるために親の同伴が必須です。なので、解約をして電話番号を変更しなければいけません。

携帯電話も今の時代は個人情報なので、僕個人として&親と絶縁した人の体験談から、携帯は解約することをすすめます!

 

と、携帯の解約についてお伝えしてきましたが、実は親と絶縁した方の中には携帯番号を変えない人もいるんですよ。

なぜかというと、親が子どもの携帯番号がわからないために、住所を徹底的に探すことを予想していたからなんです。

あなたの親は

  • 携帯番号がわからなければかけてこないし、何もしてこない親
  • 携帯番号がわからなければ、ほかの手段を徹底的に使って探し出す親

どちらのタイプですか? あなたの親のタイプに合わせて対処方法が変わってくるので、自分の親はどっちなのか考えてみてください。

分籍&住民票・戸籍の附票に閲覧制限をかける

まずはあなたの戸籍を親の戸籍からはずす・・・つまり分籍を行いましょう。これであなたの親の戸籍から、あなたの戸籍を確認できなくするためですね。

さらに、住民票と戸籍の附票に閲覧制限をかけてしまいましょう! こっちは、あなたの住所を親に知られないようにするためです。

住民票の制限? 戸籍の附票の制限? なにそれ? と、おそらくあなたは思っていることでしょう。少し詳しくお伝えします。

 

■住民票&戸籍の附票の閲覧制限とは

簡単にいうと

  • 住民票・・・住所がわかるもので、最大3か所まで残る(前の住所、今の住所、次に行く予定の場所の住所)
  • 戸籍の附票・・・今までのすべての住所がわかるもの

です。で、閲覧制限をかけることによって親に住所をバレないようにしちゃおう~! ってことですね。

 

やり方としては

①あなたの地域の警察署に「住民票と戸籍の附票の閲覧制限について相談がある」と連絡する
②事情聴取を受けて、調書を書いてもらう
③役所へ届ける

これだけです。ぜひ実践してくださいね。

これで法的に住所をバレないようにすることができました。あとは新しい住所を親に教えない&伝わらないようにするだけですね。

そのためには事前工作として、あなたの新しい住所を知っている人に口止めをしておくことが大切ですよ。しっかりと話して、理解してもらいましょう。

情報を知っている人への根回し

毒親と絶縁したのに住所がばれた!

こんな体験をしている人は大抵、周囲の人が善意で親に居場所を教えたことが原因だと話しています。

もしもあなたがそうなりたくない場合は、必ずあなたの個人情報を持っている人への根回しが必要になってきます。

親に情報を漏らさないよう、しっかりと口止めをしておくように注意しましょう^^。

絶縁に向けて準備しておきたいこと

ランニング

もしも自立する!となった場合、重要な物はお金です。引っ越しにかかる費用は、すべて合わせて40~50万円はかかります。高いですね^^;。

さらに、毎月の生活費も10~15万円ほどかかります。このことからみても、絶縁に向けては

  • 引っ越しにかかる50万円の貯金
  • 毎月10~15万円の収入がある状態を作る

という、最低限の準備が必要です。お金があればすぐに絶縁に向けて行動できますが、学生などのように金銭面的にどうしても絶縁できない場合もありますよね。

そんな時は「シェルター」という避難所へ逃げることができます。「dv シェルター、虐待 シェルター」で調べると詳しくでてきますよ。

もしもあなたが、「すぐにでも親と絶縁したいけど金銭面的に無理!」という状況なら、シェルターを利用することも視野に入れてみてくださいね。

 

さて、自立についてだいぶ知識がついてきました。金銭面的に大丈夫ならすぐにでも、無理な場合でもシェルターを利用して自立を現実的なものにすることができると思います。

ですが、自立した後に絶縁した親が関わってくるのって嫌ですよね?

  • 親の借金を払わなければならない
  • 親を養わなければいけない
  • せっかく絶縁したのにまた親に関わらなければいけない

こんな未来はあなたも嫌なはず。であれば、絶縁した後についての知識が必要になってきます。

あなたがすぐに絶縁したい場合でも、少し先に絶縁しようと考えている場合でもこの知識は必ず役に立つので、ぜひ熟読してくださいね^^。

スポンサーリンク

親と絶縁するときに知っておきたい知識!絶縁後の不安を解消しよう!

%e5%a4%a7%e4%ba%8b

先ほどもお伝えしましたが、法的に親子の縁を切る方法はなかったですね。ちなみに僕の友達はこのことを知っていて

  • 扶養について
  • 相続について(遺産・借金)
  • 老後の介護について
  • 葬式について

特にこのような事を心配していました。あなたも知っておいて損はないですし、知っておきたいはずです。

 

親だからと言って、あなたが責任を背負うことはないのです。あなたの人生はあなただけのものであり、親のものでもないのですから。

あなたの人生を親に邪魔されないために、しっかりと学んでおきましょう。

扶養関係について!絶縁した親を養わなければいけないの?

考える

最初に断言しますが、あなたが親と絶縁した後に親の面倒をみる必要は一切ありません。正しく面倒をみてくれなかった親の面倒を見るなんてまっぴらごめんですよね?

ですが、少しだけ残念なお知らせをしなければいけません。それは、「親子にはお互いに面倒をみなければいけない、扶養関係がある」ということです。さらにこれは義務であるということです。

義務という事は果たさなければならないという事ですよね? このことについてもう少し詳しくお伝えします。

 

親子間に扶養の義務があることによって、あなたの親はあなたに扶養を要求する・・・つまり生活費を要求する権利が与えられてしまうのです。

しかも腹立たしいことに、絶縁した後に親から生活費を要求されるという事例はよくあることなんです。もしも断った場合、裁判を行ってまで生活費を取られることもあるほどなんですよ・・・。

では、あなたが稼いだ貴重なお金を絶縁した親にたくさん分け与えなければいけないのかというと、そうではありません。

 

もしも親が扶養を要求してきた場合、あなたが収入にふさわしい生活を送った余りを与えるという形になります。なので、もしもあなたに余裕がないのならお金を搾り取られるということはありません。

さらに、親子関係が悪い場合は、扶養関係が成立しないこともあるのです。絶縁したいほどあなたが追い込まれる=親が悪い=将来的に扶養関係が成立しにくくなると言っていいでしょう。

とは言っても、やはり不安は消えませんよね。ここは、法律のプロである弁護士にしっかりと相談しましょう。不安は早めに取り除くのが一番ですよ。

 

何か起こる前に知識を付けることは重要ですよ。僕の人生の学びの一つです(笑)、特にお金に関しては。

お金と言えば、やはり気になるのは相続。遺産ならお金が入ってきて嬉しいですが、借金を背負わされるという怖い状況になることもあるんですよ・・・。

余計な借金を背負わないためにも、しっかりと知識をつけておきましょう。

親と絶縁した後の借金・遺産相続はどうなる?

相続

絶縁するとは言っても、法的に親子の縁を切ることができないことは最初にお伝えしましたよね。という事は戸籍上は親子なわけです。

なので、両親が亡くなった場合の遺産はあなたに相続されることになります。ここで注意したいのが、借金も相続してしまうという事です。

通常、親の借金に関しては子どもに返済義務はありません。しかし、 相続をしてしまった場合は返済義務があなたに課せられてしまうんですね。まさに負の遺産です。

あなたが親と絶縁している場合は親の借金なんて知りませんから、遺産相続をするつもりが借金まで背負わされるなんてことになりかねません^^;。

ここで重要なのが、相続放棄の手続きをすることなんです。

 

■相続放棄とは?

相続放棄とは、その名の通り相続する権利を放棄することを言います。今の話の場合だと、親から遺産を受け継がないことですね。

ちなみにこの相続放棄は、相続を知った日から三か月以内に行わないと、自動的に相続されてしまうという決まりがあります。あなたが知らないところで遺産や借金が相続されてしまうという事です。

詳しくは”相続放棄の手続き”と検索するとネット上に情報がたくさんあるので、気になる場合はそちらを読んでみてください。

  • 相続放棄について(僕がお伝えしたよりもっと詳しく)
  • 限定承認・単純承認について

ここは学んでおくべきだと思いますよ^^。

親と縁を切ると介護はどうなるの?

介護

絶縁した親の介護をする必要はありません。もしも周りの人に相談すると

  • 親なんだから大事にしなさい
  • 育ててもらってえらそうな事を言うな

などと、あなたのことを考えない発言をする人がいるかもしれません。ですが、その人はおそらくあなたの苦しみをわかってあげられない残念な人なのです。

 

今の時代、親を必ず介護しないといけないという古い考え方は変わってきています。

その証拠に、親に愛情をたくさんもらって育った人が親の介護をしないという事態もあるんです。そんな状況で絶縁したいほどの親の介護をする義務はどこにもありません

今は施設も充実しており、利用している人もたくさんいます。ぜひ検討してみてください。

 

実際に僕の知り合いで、親と絶縁した人も同じ問題に直面していました。

話を聞くと、本当は一切かかわりたくなかったけど、かわいそうだから施設に入れたと言ってました。

「老後も面倒をみないといけないのか・・・」なんて重く考えずに、何もしなくても良いし、最悪施設にお願いすれば良いか程度に考えれば良いと思いますよ。

 

縁を切るということはそういうことです。重荷から逃れるために絶縁を考えているのに、さらに重荷を背負うようではあなたが報われません。

もう一度あなたの幸せを見直してみましょう。そうそう、次のお葬式についても考え方は同じですよ。

絶縁した親のお葬式にはでなければいけないの?

葬式

先ほどの介護のところでもお話ししましたが、あなたはあなた自身と周りの幸せを大事にしなければいけません

なので、絶縁した親のお葬式に出る必要はないです。

 

もちろん、あなたが一つの区切りとしてけじめをつけたいというのなら出るのかかまいません。しかし、出たくないという気持ちがあるのなら、無理をする必要はないんです。

こういうことを言うと

  • 常識的に考えておかしくないか?
  • 世間体が・・・

などと考えてしまうかもしれませんね。あなたにとって常識や世間体が幸せになることよりも大事ならお葬式に行けばよいと思います。

ただ、やはりあなたに知っておいて欲しいのは”必ず絶縁した親の葬式に出る必要はない”ということです。ここだけは忘れないようにしてくださいね^^。

 

さて、親と絶縁した後に必要になる知識については大丈夫でしょうか? たくさんお伝えしたので忘れている個所もあるかもしれませんね。

もう一度おさらいをして、忘れないようにしておきましょう!

最後に

最後に

親と絶縁する方法は、自立して物理的に会わないようにすることでしたね。

そのために

  • 携帯電話を解約するかそのままにするかの判断
  • 分籍する
  • 住民票・戸籍の附票の閲覧制限
  • 40~50万円の貯金
  • 10~15万円の収入がある状態を作る

これが重要でしたね。

また、絶縁するときには

  • 扶養について
  • 相続について
  • 老後の介護について
  • 葬式について

この知識は必ず押さえておくべきことでした。

 

今のあなたは、絶縁する方法や、そのあとの知識を知ってどうしようか迷っている状態でしょう。

僕は絶縁した経験がないので、あなたの悩みの解決策は提示できても、気持ちまで完璧に理解することはできません^^;。

なので、ネット上などで「親 絶縁 体験」で検索してみてください。経験者の生の声を見るとあなたの迷いも消えるかもしれませんので^^。

スポンサーリンク

PAGE TOP