突き指を放置してたら痛い!不自由な指になりたくないなら必見

雑学

「突き指を放置したままでなんだか痛いなあ・・・」なんて状態ならあなたの指に異常が起きている可能性があります!

 

と、いきなりあなたを驚かすようなことを言いましたが、突き指は予想以上に怖いものなんですよ。というのも、僕は中学の頃になんと3回も部活で突き指をした経験があって、突き指の怖さを嫌というほど経験しているんです。

小学生の頃にもドッヂボールをしてよく突き指をしてました。ここまで突き指をするドジッコは本当に僕くらいしかいないと思いますよ^^;。

そんな突き指マスター(笑)の僕、中学生の頃の2・3回目の突き指は本当に放置していなくてよかったなと今でも思っています。

 

今回は突き指を放置して痛みが引かないあなたのために、僕の体験談を交えつつ

  • 突き指を放置して痛い時の対策方法
  • 突き指を放置することの危険性

これについてお伝えしていきます。まずは対策法を知っていきましょう~!

スポンサーリンク

突き指を放置していたら痛い!あなたができる対策は二種類

ピース

実際に僕が突き指を放置して痛い思いをした時に行った対策を二つ紹介していきますね。

1.放置していた突き指部分を固定する(応急処置)

テーピング

もしも突き指をしたばかりなら冷やすことで治りがよくなりますが、おそらくあなたは突き指をしてから何日か経過しているはずです。であれば、冷やすのはあまり効果がありません。

そこで、指を動かさないために固定することが重要になってきます。テーピングで、しっかり動かないように固定してください。固定の仕方は下の動画の通りです。

 

どうですか?かなりわかりやすく四種類のテーピング方法が解説されているので、この動画を見るだけでテーピングの仕方はバッチリだと思います。

ちなみに僕は、湿布をテープで巻いて固定するという何とも言えない方法をとってました^^;。あまりオススメはしませんが、あなたがテーピングを持っていない場合は真似してみてください。

突き指した指に湿布を巻いて、テープで固定するだけです。ですが、やはり何もしないよりはマシ程度の処置なので、基本的には動画の方法でしっかりとテーピングしてくださいね。

 

さて、テーピングをして指を固定すればひとまずは安心です。しかし、そのままにするのはやはり良くありません。放置して痛いのが治らないという事は単なる突き指ではない可能性があるからです。

最悪の場合痛みがずっと続くことも・・・

そのような最悪の結果にならないためにも、次の対策方法をみていきましょう~!

2.突き指を放置して痛いのならすぐにでも病院へ

病院

突き指をたくさん経験している僕の体験から考えると、普通の突き指を放置していても痛みが長引くことはないんです。なので、しばらく放置しても指が痛いなら必ず病院に行ってください。

なぜかというと、突き指が原因で指に異常が起きている可能性があるからです。一例をあげるなら

  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 打撲

などですね。はやめの治療が完治するかどうかをわけるので、今すぐにでも病院に行くべきです!

 

と、病院に行くことをオススメしましたが、やはり治療費がかかるのでは・・・? という悩みがありますよね。ちなみに、僕が突き指で病院に行っていた時に払ったお金は実質0円です。

なぜかというと、生命保険に入っていたからなんですね。あなたもおそらくどこかの生命保険に入っているはずです。

生命保険会社に治療費を申請することでタダで完治させることができます。なら病院に行っても損はないですよね?

 

ちなみに、病院に言った場合の治療は

  • 添え木をしてのテーピング
  • レントゲンで途中経過をみる

などなど、基本的にすることは変わりません。ですがそれでも病院に行くことは重要です。何といってもレントゲンで治療の経過を見ることが大切だからです。

特に骨折していた場合などは、レントゲンで骨折箇所を知り、適切な治療を行わなければいけません。なぜなら指が曲がらなくなる危険性があるからです!

このことについて少しお話ししておきますね。この危険性を知っておくか知らないでおくかで、本当に突き指に対する対処意識が変わるのでしっかり学んでおきましょう。

スポンサーリンク

突き指を放置すると痛いだけじゃない!指が曲がらないようになる事もっ

指

突き指を放置した場合の後遺症の一つに、指が曲がらないようになることがあるんですね。この理由としては

  • 指の筋肉(腱)が切れてしまうため
  • 指を骨折してしまっているため

等があります。この状態になってしまうと放置して 自然治癒で治そうと思っても治りません。もしも放置してしまった場合、一生曲がらない指になってしまうことだってあります。

普段の生活の中で、指が曲がらないと不便になることはたくさんありますよね? ご飯のときにお箸を使うのにも一苦労なんてことにはなりたくないはずです。

なので、適切な治療を受けるためにも今すぐにでも病院へ行きましょう!

 

突き指を放置することがどれほどダメな事で、どうやって対策をしたら良いのかが理解できたでしょうか?

「突き指だから大丈夫っしょ~!」なんて軽い気持ちで見てはいけませんよ、本当に^^;。この意味をしっかりとわかってほしいので、少しだけ僕の体験を元に放置の危険性をお伝えします。

突き指を放置する危険性を体験を元に熱弁!痛いから病院へはもう遅い!

熱弁

記事の初めにも書きましたが、中学生の頃の2・3回目の突き指は本当に病院に行って良かったなと思っています。なぜなら、骨折していたからなんです!

部活での2回目の突き指を放置してから一週間、僕は痛みがひかない事に不安を感じてました。我慢できるほどの鈍い痛みだったんですが、念のため病院へ行ったんです。

診断結果はというと・・・ヒビが入っているというものでした。そこから二週間ほどテーピングをしてしっかりと治すことができました。

あのままだと指が曲がる危険性があったと思うと、「病院へ行って本当に良かった~!」と声を大にして言いたいですね(笑)。

 

また、3回目の突き指の時は痛みがなかったんですけど一応病院に行きました。その時の診断は若木骨折でした。もしかしたら聞きなれない言葉かもしれませんね。

子どもがなる骨折で、しなるような折れ方をしている状態がこの若木骨折なんですね。つまり、 痛みが無いけど骨折している状態という事だったわけです。

若木骨折も放置していると

  • 指が曲がらない
  • 指が変形する

などの危険性があると医者が言ってました。改めて突き指といえども病院へいくことの大切さを学んだ体験でしたね。

スポンサーリンク

 

僕の体験から突き指を放置することの危険性をご理解いただけたでしょうか? 忘れないためにもう一度、指が痛いときの対策方法も含めておさらいしておきましょう。

最後に

虹

突き指を放置して痛いと思ったらまずは応急処置、それから病院に行くことが大切でしたね。応急処置はテーピングで指を固定するんでした。

固定の方法については動画を見るとわかります。初めてでも全く問題なくテーピングできると思いますよ^^。

また、突き指を放置していると

  • 指が曲がらなくなる
  • 指が変形してしまう

などの危険もありました。テーピングだけでなく、しっかりと病院に行って適切な治療をうけるようにしてください。

 

突き指マスターの僕の体験談を含めた、”突き指の放置で痛いときの対策法・突き指放置の危険性”についてはいかがだったでしょうか? もちろん、単なる突き指で放置していたら治った経験もたくさんあります。しかし、

打ち所が悪いまま放置すると本当に大変なことになります

生命保険が使えない場合、病院に行くと数千円の治療費がかかるかもしれません。ですが、数千円を払ってあなたの指を守るか、ケチって曲がらないで痛みが残る指のまま生活するか、あなたはどちらが良いですか?

僕は自由に指を使いたいので数千円迷わずに払ってしまいます!

僕の体験談から、突き指を放置することの危険性が伝わって、しっかりとあなたが対策をとってくれるのなら幸いです^^。ぜひともすぐにテーピングで応急処置をして、場合によっては早めに病院へ行ってくださいね。

スポンサーリンク

PAGE TOP