ガジュマルの葉が落ちる原因は?復活方法とともに伝授っ

ガジュマル

初心者でも比較的育てやすいガジュマル、なんて聞いてたら葉が落ちてしまった!ただ事ではないと焦ってしまいますよね。

子どもの頃に見たことがあるような生い茂るガジュマルとは違い、なんだか頼りなさを感じてしまいます・・・。ですが、原因を知って対策すれば新しい葉が出てくるので安心です!

 

ガジュマルの葉が落ちる原因は、大きくわけて3つ。

  • 乾燥しすぎている
  • 気温が低すぎる
  • 日光不足、日光に当てすぎ

これです。

父がガジュマルの木を育てていたらしく、知識を持っていたので根掘りはぼり聞いてきちゃいました!ネットの情報とあわせてお伝えしますね。

スポンサーリンク

ガジュマルの葉が落ちる原因は?

ガジュマル

乾燥している(特に夏)

ガジュマルの葉が落ちる原因の一つである、乾燥。乾燥させないことってめっちゃ重要なんです。

ガジュマルって 成長するために水をたくさん吸収するんですね。この水が足りないと葉が落ちる原因になってしまうんですよ。

基本的に、成長期の春~秋の初めにかけては

  • 乾燥したら水をあげる(目安として朝と夕方の2回)

成長が緩やかになる冬にかけては

  • 乾燥して2~3日おいてから水を上げる

このようにしておくと安心です。もちろん、状況によって変えてあげることも大事ですよー!ちなみに、冬場の水の上げすぎは根腐れを引き起こしてしまうので注意が必要です・・・。

 

■冬場は根腐れに注意

ガジュマルに重要な水やり、これが多すぎた場合に根腐れが起きてしまうんですね。

こうなると 根腐れ部分を切り取るしか方法がありません。

  • 腐れた部分を切り取る
  • 樹液がでてくるのでしっかりと洗う
  • メネデール希釈水に浸す
  • 植え替える

この手順で大丈夫です。

もっと詳しく知って起きた場合は下の記事も参考にしてください。

関連記事⇒ガジュマルが根腐れしてる!対処法を知って復活させよう

 

水やりの重要性は伝わりましたか?水やりをしてあげると乾燥を防ぐことができますが・・・それだけでは不十分なんです。

もちろん、ガジュマルの葉が落ちる場合の対策としては十分なんですが、成長面でみると葉に霧吹きで水を与えたほうがよりGood!一応その方法もお伝えしておきますねー!

 

■葉水はめちゃくちゃ大事

水やりと同じくらい重要なのがこの葉水。特に冬場は水やりがあまりできないのでめちゃくちゃ大事なんです。

 

ガジュマルって高温多湿地域の植物なんですよね。この地域の植物の特性が、葉から水をよく吸収すること。

いくら水やりが重要だとは言っても、あげすぎると根腐れを起こします。だから葉っぱに直接水をあげようね~ってことです。

 

夏場も冬場も”葉が乾燥しているな”と思ったら霧吹きでシュッシュッってかけてあげてください。

冷暖房の中で育てていると葉が乾燥しやすいので特に注意が必要ですよ~!

 

気温が低い

温度不足も葉が落ちる原因の一つです。暖かく湿気が多い地域で繁殖するガジュマルにとって、気温が低いことはご飯を食べないことと一緒なんですよ。

人がご飯を食べないと脂肪が落ちるように、ガジュマルの周りの気温が足りないと葉が落ちるということです。

 

気温の基準としては、5℃以上を保つことです。これより気温が下がると葉が落ちてしまうので

  • 暖房を入れる
  • 日光が当たる場所に移動する

などして気温が下がらないようにしてあげてくださいね。もしも葉が落ちてしまっても、しっかりと気温調節をしてあげればまた新しい葉ができるので大丈夫ですよ。

極端な日光不足・直射日光

上の2つに比べたら弱いですが、こちらが原因になって葉が落ちることもあるんです。

ガジュマルの成長には日光がかかせないんですが

  • あまりにも日光に当てなさすぎる
  • いきなり直射日光に当てすぎる

このような状態だと、葉が落ちる原因になってしまうんですね。そんな状態を避けるためにも、最適な日照時間をお伝えしておきますね。

 

■最適な日照時間は?

  • 夏場は数時間
  • 冬場は室内で1日

これが最適な日照時間の目安です。

 

夏場は成長時期のため日光もたくさん必要です。

  • 基本は日当たりの良い場所
  • 葉が傷んでしまう場合は半日陰(1日のうち数時間日が当たる場所)

これに気を付けてください。

冬場は室内の日当たりの良いところにおいてあげてください。ちなみに、夜になって窓際が寒くなるようなら暖かい場所に移動するようにしてくださいね。

 

ガジュマルの葉が落ちる原因と豆知識をお伝えしてきました。次は、葉が落ちないようにする・落ちてしまった場合の対処法についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

ガジュマルの葉が落ちても復活できる!

画像

基本的に葉が落ちないようにするためには、上にあげてきた原因に注意すれば大丈夫です。

  • 乾燥に気を付ける・・・水やり・葉水
  • 気温を5℃以上に保つ
  • 日光不足、日光の当てすぎに注意する

葉が落ちてきた場合でもこれらを守ることで春に新芽がでてきます。この生命力がガジュマルの売りの一つでもあるんですよ~!

しかし、やはり心配ではありますよね・・・。そんな時に使えるHB101について少し説明しておきます。

 

■ガジュマルの新芽を手助けする:HB101

とにかくめちゃくちゃ強そう・・・。これがガジュマルの新芽ができる手助けをしてくれるんです。

これは活力剤として使うだけなので、あってもなくても大丈夫です。ただあったら便利というだけですので、余裕があったら使ってみてくださいね。

 

葉が落ちてしまってもまだまだ回復のチャンスはあります!安心して根気強くみてあげてください。

最後に

 

ガジュマルの葉が落ちる原因は以下の3つ。

  • 乾燥しすぎ
  • 気温が低い
  • 極端な日光不足・直射日光の当てすぎ

これらを改善すればまた新芽ができる。

 

補助として、HB101を使うと成長の促進になる。

 

ガジュマルの葉が落ちても焦ることはありません。しっかりと丁寧に育ててあげれば全然復活します!

困難をともに乗り越えたらより一層愛着がわくかもしれませんよ♪あなたのガジュマルの危機回避に少しでも役にたてたなら幸いです。

スポンサーリンク

PAGE TOP