彼岸花は火事の元の由来とは!?摘んで帰ってはいけないの?

彼岸花

彼岸花を家に摘んで帰ると火事になるよ!だから摘んで帰ってはいけないよ!

一度は言われたことありませんか?僕は小さいときに言われて、実際に信じてました(笑)。

彼岸花は火事の元、これはいつから言われていたことなんでしょう?もしも本当ならこわい・・・。真実を探っていきましょう!

スポンサーリンク

彼岸花は火事の元!由来はどこ?

探す

なぜ彼岸花を家に摘んで帰ると火事になるといわれていると思いますか?

  • 彼岸花の色
  • 彼岸花の形
  • 彼岸花へのイメージ

この三つが要因として考えられます。まずは、彼岸花の色です。

■彼岸花の色

彼岸花ってきれいな赤色をしていますよね。この赤が火を連想させているといわれているんですよ。

彼岸花の赤って、これぞ赤だ!というくらい赤成分が強い。だから一層、彼岸花と火を結び付けやすいんです。

 

たしかに、きれいな赤色をしていて少し不気味ではありますよね。では次に、彼岸花の形についてです。

■彼岸花の形

彼岸花の形ってイメージできますか?

彼岸花2

これです。燃え盛った炎のように見えないですか?これが彼岸花と火事を連想させる二つ目の理由なんです。

色と掛け合わさって、さらに臨場感あふれる見た目になってますよね。

彼岸花の色、形とみてきましたね。次はいままでの見た目とは違い、イメージについての話です。

■彼岸花のイメージ

最後に、彼岸花に対するイメージですね。彼岸花ってお墓に咲いてるイメージがないですか?あまり良いイメージを持ってる人が少ないですよね。

家に飾るのをあまりよく思わない人たちが言い出したという話もあります。それくらい不気味に思ってしまう気持ちも分からなくはないですよね。

 

さて、実際に彼岸花を摘んで帰ったら家が火事になるのか?これは全くの迷信です。

彼岸花と聞くとなんか不吉なんじゃないかなというイメージがあるから広まった迷信です。

 

実は、このような迷信はほかにもあるんですよ。彼岸花の迷信をいくつか紹介しますね。

スポンサーリンク

彼岸花の迷信は?

  • 手が腐る
  • 魂を吸う
  • 床下に置くとネズミがこなくなる
  • 触ると死んでしまう

今考えると驚きですよね(笑)。しかし、下の二つは案外間違いではないかもな~という感じですね。なぜかというと、彼岸花が毒をもっているからなんですよ。詳しくは下の記事を読んでみてください。

 

田んぼの周りに彼岸花が咲いている風景って田舎に行くと見たことないですか?あたり一面の緑に赤色が映えてとってもきれいですよね。

 

では、なぜ田んぼの周りに彼岸花を植えたんんだと思いますか?これは、毒によってもぐらやネズミが田んぼに近づかないようにするためなんです。

これを聞くと、迷信もあながち間違いではないなと思いますね。彼岸花の毒が原因で、恐ろしい迷信が生まれたのではないでしょうか。では、最後に今回のおさらいをしておきましょう。

最後に

彼岸花が火事の元になるから摘んで帰ってはいけないというのは、

  • 彼岸花の色
  • 彼岸花の見た目
  • 彼岸花のイメージ

これらが不吉なイメージを連想させるから。

また、毒を持っていることも要因になっている。

 

彼岸花が火事の元になるというのは迷信で、ほかにも

  • 手が腐る
  • 魂を吸い取る

などの根拠のない物から

  • 床下におくとネズミが来なくなる
  • 触ると死んでしまう

などの根拠のある迷信も存在している。

 

彼岸花は家に摘んで帰っても全然OK!しかし、毒があるので取り扱いには注意ですよ。

詳しく書いた記事があるので、興味があるなら参考にしてみてくださいね。

見た目は美しい彼岸花、不吉なイメージもありますがそのきれいさを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

PAGE TOP